放課後等デイサービス・生活介護・就労継続支援 社会福祉法人ぬくもり 大阪・奈良

facebook
YouTube
社会福祉法人ぬくもり
新卒入社
言葉ではない思いを見つけ出す仕事

プロフィール

部署|ひのき生活介護①
役職|支援員(サービス管理責任者としての仕事に取り組んでいる)
入社年|2019年4月入社
名前|谷口 功将さん
入社形態|新卒

Coming Soon

実は障害福祉に興味ありませんでした(笑)

元々僕はおじいちゃんっ子でした。そんな大好きな祖父のために何かできることはないかなと思った時に、福祉の進路に進めば介護などの知識や経験を得られて、祖父に恩返しができるかもしれないと思い、福祉系の大学に通うことを決めました。なので、初めは福祉の中でも高齢福祉に関心があり、障害福祉に興味はありませんでした。それどころか怖い・汚いと言ったネガティブイメージしかなかったです。

それが変わったのは大学3年生の時、友人に誘われて障がいのある方と関わるようになったことがきっかけです。一緒にでかけたり、放課後に障がいのある子どもたちと遊んだりすることもありました。実際に関わってみて自分が勝手に障がい者を怖い、汚い、と決めつけていたことに気づきました。実際に触れてみないとわからなかった障害福祉の魅力。それから障害福祉の仕事をしたいと思うようになり、就職フェアでぬくもりに出会いました。 家に近かったこと、そして「誰もが自分らしく生きられるぬくもりある社会」という理念に惹かれ、ぬくもりに入社を決めました。

Coming Soon

言葉ではない思いを見つけ出す仕事

今は生活介護で働いています。利用者さんは自身の思いや考えを持っていますが、言葉で伝えることは難しいです。私たちは、その感情や思考を理解し、それを本人が伝える方法を探し出せるよう日々支援をしています。

我々の仕事は、「○○さんはこんなことをしたいのではないか」という仮説を立て、検証し、合っているかどうかを見極めることから始まります。仮説は必ずしも正しいとは限りません。むしろ正しくないことの方が多いかもしれませんが、利用者の皆さんの意志と一致した時、その方法で自分の思いを伝えてくれることがあります。この瞬間を増やすことこそが私たちが目指すところなんです。

利用者さんと意思疎通ができ、繋がれた時の喜びは仕事のモチベですね。
具体的な事例として、他の利用者さんの水筒を持っていくという特定の行動がある利用者さんがいらっしゃいました。最初は水筒のデザインが好きなのかと思っていたんですが、検証の結果そうではないことがわかりました。観察を続けると、彼が持っていく水筒には必ず飲み物が残っていることを見つけました。もしかすると、「喉が渇いた」という思いを持っているのではないかと仮説を立て、それを伝えられる絵カードを作りました。その結果、彼は絵カードを使ってスタッフに「飲みたい」と伝え、他の利用者さんの水筒は持っていかず、自分の水筒を飲むようになりました。もちろん毎回仮説が当たることはありません。それでも利用者さんと向き合い、「何を伝えたいのか」を考え続ける中で、意志が通じあえる時が来ます。一緒に問題を解決していくことができた時、大きなやりがいと喜びを感じます。

ぬくもりは本当に優しい人が多いです。利用者さんが快適に過ごせるようどうすればよいか、どんなことを思っているのか、と利用者さん主体の考え方が会社全体の共通認識です。だからこそ年齢や今までの職歴で人を判断せず、利用者さんのために意見を出し合えています。そんな優しい人がたくさんいるぬくもりだからこそ、日々利用者さんに真摯に向き合えているんだなと実感しています。

Coming Soon

「利用者主体」をもっと追求したい

支援者として活動する中で、しばしば私たちの期待が前面に出てしまうということがあります。思いすぎるあまり、私たちが思う「社会で役立つ」支援をしすぎてしまうんですよね。しかしその結果、利用者さん自身の意思や希望が二の次になってしまいます。
実際、利用者さんが社会で生きていくために何が必要かを考えることは大切です。でも私たちぬくもりが大切にしているのは、それぞれの利用者さんが何を望んでいるのか、何をやりたいと思っているのか、何に困っているのかを理解し、それに応じた支援を行うことです。
利用者さんの伝えたいこと、やりたいこと、困っていることに真摯に向き合い、理解し、それに応じた支援を行うことが、本当の意味での利用者さんを尊重するサポートとなると信じています。利用者主体。これからも変わらず追求し続けていきたいと思います。

1年目で感じたことを忘れないで

いったん福祉に興味を持ってみてください。障がい者さんはいろんなイメージがあるけど、関わってみるとみんな印象は180度変わります。私自身、身近に障がいの方はいませんでしたが、福祉の大学に入学し、実習で障がいの方と触れ合う機会があり、そこで彼らの魅力に引き込まれて、この仕事をスタートしました。 興味をもっていただけたら、次は触れ合ってみてください。業界が初めてでも、初心者でもでも大丈夫です。「利用者さんがよくなること」を一緒に取り組みましょう。

編集部より

今回取材してみて、施設の中での谷口さんが皆さんの心の支柱だということを感じました。谷口さんがいるときいない時の安定感が全然違うと話されている方もいました。谷口さんにインタビューをしていると皆さんが谷口さんの存在の大きさを話される理由がわかりました。冷静で、気づかいがすごく、インタビューをしているこちらが安心させられていました。谷口さんの今後にも目が離せません!!

  • 【谷口さんの1日スケジュール】
  • 8:00    出勤
    8:10     送迎
    9:00    支援午前スタート
    12:00  休憩
    13:00   支援午後スタート
    15:30   送迎or部屋の消毒、明日の支援の準備
    17:00   事務作業や明日の支援の準備
    19:30   帰宅
ご相談・ご不明点など、お電話またはメールにてお気軽にお問い合わせください 0721-26-8010 [受付時間] 月~金曜日 9:00~18:00 または メールでのお問い合わせはこちら
©nukumori. All Rights Reserved.